ipv6ドコモ|キャンペーン充実度がすごい|

結局のところどこが一番最強のプロバイダなのか?

これからドコモ光を使おうか悩んでいる人は、せっかくなら回線が速くて安定していて実質月額料金が安いところを選び抜きましょう。

当サイトでは長年にわたってとある光回線の営業担当をしていた管理人の私が、ドコモ光で最優秀のプロバイダーを選び抜きたいと思っております。

一番おすすめのプロバイダーと、メリットデメリットなどについてわかりやすく検証していきたいと思います。

キャッシュバックキャンペーンが高額でも申請が複雑で受け取れなかったみたいなことにならないように、当サイトを参考にしてください。

ドコモ光で最強のプロバイダはなんといっても「GMOとくとくBB」

ドコモ光の一番得するプロバイダは間違いなく「GMOとくとくBB」でしょう。

なぜかというと、ドコモ光のすべてのプロバイダの中で回線のスピードや安定性の口コミが高評価で、オプション不要で2万円もキャッシュバックがもらえたり、ユーザーにとってとにかくお得なメリットが多いです。

なお、ドコモ光と契約するときは代理店を使うのはおすすめできません。

代理店がおすすめできない理由としては、キャッシュバック申請の手続きが複雑になっていて、振り込まれるまでに半年や1年以上かかってしまうからなんです。

詳しくは当サイトの別の章で解説しています。

ドコモ光にGMOとくとくBBから申し込みを検討しているという人は、次のページから申し込めば簡単にキャッシュバック申請を完了することができます。

プロバイダ選びをやることによって具体的に何のメリットがあるのか?

プロバイダを比較する前に、プロバイダを変更すると何が違うのかを解説していきたいと思います。

光回線自体はドコモ光だったとしても、プロバイダーを変えるだけで次のような箇所が変わってきます。

キャッシュバックキャンペーンの総額、ルーターが無料かどうか、回線の実測スピードなど。

どういった基準で選べばいいのか一つずつ見ていきたいと思います。

選び方1 毎月の料金が安いタイプかどうか

ドコモ光はプロバイダ各社によって月額料金に差があります。

月額料金が安いタイプAと、少し高めのタイプBがあります。

戸建て月額料金 タイプA:5,720円 タイプB:5,940円

マンション月額料金 タイプA:4,400円 タイプB:4,620円

タイプA:ドコモnet、ぷらら、ビッグローブ、DTI、GMOとくとくBB、@nifty

タイプB:OCN、@Tcom、AsahiNet、TNC、WAKWAK、ちゃんぷるネット

上記の料金の差額は、ドコモ光とプロバイダがどういう契約体系で契約しているかによります。

どのタイプを選んでも最高速度や安定性などは変わらないので、高いプランを選ぶ利点はほぼありません。

タイプAの方が数百円安いのですが、1年、2年という長期スパンで考えると何千円もの違いになるので、安い方を選びましょう。

もっと高いタイプのCやDなどもありますが、Bと同様に違いはありませんので、とくに契約する必要性もないと思います。

選び方2 回線速度は速くて安定しているかどうか

選び方の2つめとしては、回線の品質がいいか悪いかをチェックするという方法があります。

ドコモ光は最高速度が1Gbpsとなっています。ですが、これは理論値での最高速度に過ぎません。

光回線の本当の速度を知るためには、実際に使っている人の回線速度を調べるのが一番手っ取り早いですね。

GMOとくとくBB 284.7Mbps

ドコモnet 253.5Mbps

OCN 236.0Mbps

@nifty 203.9Mbps

ハイホー 100.8Mbps

上の一覧のようにドコモ光はプロバイダによって約100Mbpsくらいも平均速度が違ってきます。

なぜこういった違いが生まれるのかというと、最新規格に準拠しているプロバイダかどうかなんです。

また他にも、レンタルしている端末の違いや、プロバイダと自宅との距離などによっても回線速度が変わるので、できるだけ利用者の口コミを参考にするのがおすすめです。

選び方3 Wi-Fiルーターが無料かどうか

次の選び方のポイントとして、端末が無料で使えるかどうかをチェックしましょう。

現在はほとんどの人がスマホでフリースポットのWi-Fiなどを使っていると思います。

プロバイダによってはWi-Fiルーターの端末を無料でもらえるところと、自分で用意しないといけないところがあります。

Wi-Fiルーターを無料でレンタルできるところは次のようなところがあります。

無料レンタルあり:ぷらら、ビッグローブ、OCN、hi-ho、GMOとくとくBB、@nifty

無料レンタルなし:ドコモnet、DTI、@Tcom、AsahiNet、WAKWAK、エディオンネット

たとえばですが、ドコモネットではルーターをレンタルすることもできますが、330円のレンタル料がかかってしまいます。

もっといってしまうと、端末選びを間違えると回線の安定性が悪くて、接続できなかったりというトラブルに見舞われることもあります。

機械選びは苦手という人は、Wi-Fi端末の無料レンタルができるプロバイダを選びましょう。

選び方4 キャッシュバックキャンペーンの豪華さ

プロバイダ選びの4つめのポイントとしてはキャッシュバックがいくらもらえるかです。

プロバイダ各社のキャッシュバックを比較してみたのでご覧ください。

GMOとくとくBB CB額:20,000円 受取時期:5ヶ月後

OCN CB額:20,000円 受取時期:2ヶ月後

@nifty CB額:20,000円 受取時期:12ヶ月後

plala CB額:15,000円 受取時期:5ヶ月後

これらのプロバイダ以外でキャッシュバックはやっていないのでもらうことはできません。

どこのプロバイダを選択しても、ドコモ光の料金や最高速度は同じになります。なので、ドコモ光を契約するなら一番特典が豊富なプロバイダから選びましょう。

なおどこのプロバイダで契約したとしても、ドコモ光がやっている工事費無料特典は受け取ることができます。

ドコモ光の主なプロバイダを比較してみました!

では、ここまでのポイントを踏まえて、主なプロバイダの比較表を見てみましょう!

GMOとくとくBB 平均速度:284.7Mbps CB額:20,000円

ぷらら 平均速度:228.4Mbps CB額:15,000円

@nifty 平均速度:203.9Mbps CB額:20,000円

hi-ho 平均速度:100.8Mbps CB額:なし

ビッグローブ 平均速度:240.3Mbps CB額:なし

すべてを踏まえて一番おすすめのプロバイダはやはり「GMOとくとくBB」ですね。キャッシュバックも高額な部類に入って、回線速度も速くて、端末も無料です。

昨今の在宅勤務の影響で、ズームなどのオンライン会議やテレワークなどで、安定した高速インターネットが重要になってきています。

インターネットをせっかく使うのであれば、回線速度が安定しなかったり、遅かったりというのは少なくしたいものですね。

一番おすすめのプロバイダは間違いなく「GMOとくとくBB」です

ドコモ光でとにかくおすすめなのがGMOとくとくBBですね。回線速度も申し分なくてキャッシュバックも高くて、その他のキャンペーンも充実しています。

パソコンだけでなくてタブレットやゲーム機などでもWi-Fiを使いたい人のために、高速の最新機種をレンタルしてくれます。

GMOとくとくBBは公式サイトから申し込みをするのが一番キャンペーンを適用してもらえます。次のリンクから申し込めばいろいろな特典をもらうことができます!

GMOとくとくBBの何がすごいのか?

メリット1 スピードが安定していて速い!

GMOとくとくBBでは、毎月サイト上で実際のユーザーの実測値を後悔していて、最新のものだと下りが平均で340Mbps、上りが300Mbpsとなっていて、かなり高速ですね。

GMOとくとくBB以外のプロバイダを見てみると、ここまでリアルな数値を後悔していないので、GMOとくとくBBは相当な自信があるということが見てうかがえますね。

公式サイトのデータだけではなくて、SNSなどの口コミも参考にしてみると、600Mbpsくらいでているひともたくさんいるくらいです。

GMOとくとくBBに直接、なぜこんなにも回線速度が速くて安定しているのか問い合わせて見たところ、設備投資をかなりしているとのことです。

GMOとくとくBBの回線速度はネットだけに限ったことではありません。PS4やスイッチなども快適に使いこなせているという口コミも多数見受けられます。

快適につながるネット環境は欠かせませんよね。実際に楽しんでいる口コミが多いと信頼感が抜群にあります。

メリット2 高額な機材を無料でレンタルできる!

GMOとくとくBBでは実際に購入すると1万円以上もする高級なWi-Fiルーターを無料でレンタルしてくれます。

この高級なWi-FiルーターはGMOとくとくBBの方で初期設定が終わった状態で届くのですぐ使うことができるのです。

パソコンの設定などに詳しくないという人は、このサービスはとてもありがたいと思います。

工事の日程が決定すると、電話でルーターレンタル手続きの案内がかかってきます。

工事日程までに到着するように、この案内がきたらすぐに手続きをするようにしましょう。

メリット3 オプション条件なしで2万円のキャッシュバック

GMOとくとくBBのキャンペーンサイトからドコモ光を契約すると、オプションを一切つけずに2万円の現金をもらうことができます。

GMOとくとくBBと同額の2万円のキャッシュバックをもらえる@niftyでは、なんと光テレビやスカパーなどのオプションを付かなければ2万円をもらうことはできません。

たとえばキャッシュバックがギフト券やポイントだったりするところもありますが、こういうところはそのお店でしか使えないので利便性が悪くて、現金でのキャッシュバックがもらえるプロバイダが一番おすすめです。

GMOとくとくBBはキャッシュバック金額の高さだけではなくて、振り込みまでも早いですし、商品券などではなくて現金なので、何もかも優れています。

GMOとくとくBBのデメリットについて

デメリット1 速度が遅くなることもある

回線が高速だといわれているGMOとくとくBBですが、どうしても遅くなってしまうタイミングも存在します。

インターネットのスピードはその住宅が建っている立地や部屋の場所や周辺のマンション構造などによっても大きく違ってくるので、実際に回線を引き込んで使ってみるまではわからないこともあります。

ですが、光回線を選び抜いて、プロバイダを選び抜いて、工事の時間をさいて、せっかく導入したわけですから、遅いのは避けたいですよね。

光回線を使用中に遅くなってしまったり、回線が不安定になってしまったりしたら、v6プラスで接続中かどうかを確かめてみるというのも一つの手ですね。

GMOとくとくBBの光回線がなんか遅くなってしまったな…とか、接続が途切れるようになってしまったな…と感じた場合は、とあるサイトにアクセスしてv6プラスで光回線に接続されているかどうかを確かめましょう!

v6プラス接続というのはそもそも、GMOとくとくBBから無料でレンタルできている、Wi-Fiルーターの端末でインターネットに接続すると自動的につながっています。

v6プラス接続で使っているユーザーの口コミなどを参考にしてみると、実際に変えてみたらかなり早くなったという口コミが多数寄せられています。

v6プラスがチェックできるサイトで確認してみて、v6プラス接続になっているのにもかかわらず、回線速度が不安定な場合は、ルーターの電源を切ってから入れ直してみるというのもおすすめです。

デメリット2 キャッシュバックの申請に注意が必要

GMOとくとくBBは、光ファイバーが開通してから4ヶ月目にキャッシュバックの案内通知メールが送られてきます。

この申請の案内メールが送られてくるのは、ドコモ光を契約したときに登録したメールアドレスに送られてくるので注意しましょう。

どういうことかというと、GMOとくとくBBのキャッシュバック案内メールは、自分のメールボックスを見ているだけではだめで、自分でアクセスする必要があります。

なので、GMOとくとくBBのキャッシュバック申請通知メールが4ヶ月後に来るということをスマホのスケジュールなどにいれておいて忘れないようにしましょう。

GMOとくとくBBのキャッシュバック申請手続の期限は翌月までとなっているので、メールが届いたら早めに申請を完了させてください。

プロバイダだけを変更する手順

ここでは、ドコモ光のプロバイダを変える方法や、手順などを解説していきたいと思います。

もし自分の自宅にドコモ光のプロバイダが合っていないと判断したら次の手順で変更ができます。

1,ショップやお客様センターに電話をする

2,変更の書類が送られてくる

申し込みからプロバイダを切り替える日数は最短で1週間くらいです。希望日があるのであれば自分で申し込むこともできます。

ドコモカスタマーセンターの電話番号はドコモの携帯から151でかけられます。

電話がつながらないときは、公式サイトから予約をするとすぐにつなげてもらえるようになります。

プロバイダを変更すると事務手数料として約3000円かかりますが、この3000円は翌月のドコモ光の月額料金から引き落とされます。

ドコモ光で一番最安のプロバイダとは?

ドコモ光のプロバイダは結局のところどこが一番お得なのでしょうか。

回線を選ぶ時はプロバイダがとても重要になってきて、プロバイダ一つで何万円も得したり損したりします。

数あるプロバイダの中でも、とくに高額なキャッシュバックがあって、月額割引もあって、回線スピードも安定性も抜群なのが、「GMOとくとくBB」です。

当サイトでは長年の光回線比較サイト運営実績から導き出した、圧倒的な情報量を元に、一番得するプロバイダを検証しています。

当サイトを一度読んでいただければ、ドコモ光のプロバイダで一番得するところがわかっていただけると思います。

ドコモ光で最高のプロバイダを選ぶ方法

自分が一番満足できるようなプロバイダを厳選するために見極めるコツを解説していきたいと思います。

とはいっても、プロバイダを選び抜く前に基礎知識を身につけておく必要があると思います。

プロバイダというのはエンドユーザーの個人と回線業者をつなぐ役割をしている仲介業者で、プロバイダがなければインターネットが成り立ちません。

プロバイダは光回線とセットになっているものがほとんどとなっていますが、プランによっては別々で契約できるものもあります。

また、プロバイダから光回線を契約することにより、今までよりも得するキャンペーンを受けられるパターンが増えてきています。

ドコモ光を契約するときに選べるプロバイダにはたくさんあって、代表的なものにGMOとくとくBB、ぷらら、@nifty、DTIなどがあります。

とはいっても、キャンペーンなどの特典の充実度は各社異なっていて、プロバイダ選びを間違えると大幅に損してしまう可能性もありますので慎重に選びましょう。

ポイント1 高額なキャッシュバック

ドコモ光のサイトやショップなどではなくて、プロバイダのキャンペーンサイトからドコモ光を契約することによって、いろいろな特典を受け取ることができます。

ちなみに、独自のキャッシュバックを一番受け取る方法としては、オプションがいらないプロバイダの中から最高金額のキャッシュバックをしているところを選びましょう。

たとえばですが、GMOとくとくBBのキャンペーンだったら2万円もの高額のキャッシュバックをしていて、ドコモ光の数あるプロバイダの中では一番高い金額となっています。

ポイント2 月額が安くなるかどうか

ドコモ光で選択できるプロバイダは自分で選べますが、毎月の支払金額はタイプが3つになっていて、一番おすすめなのがタイプAとなっています。

たくさんあるプロバイダの中には料金が安いAタイプと、料金が高いBタイプがありますが、回線のクオリティーは変わらないのでご安心ください。

ちなみに、単独タイプと呼ばれているプロバイダとセットじゃないプランでは、基本料金が安くなっていますが、プロバイダを自分で探す必要があるので別契約になり高くなってしまいます。

ポイント3 ルーターや機器の無料レンタル

ドコモ光の数あるプロバイダには、インターネットをする上で必須となっているWi-Fi端末を無料で貸し出しているところもたくさんあります。

光回線をルーターに接続すると、家の中ならどこでもネットに接続することができるので、無料で端末を貸し出しているところを選択しましょう。

ドコモ光のプロバイダの中には、高機能なルーターを無料で貸し出しているところもあるので、端末をすでに持っているという人も、このタイミングで新しくしてみるのもいいのではないでしょうか。

ポイント4 セキュリティのサービス

ドコモ光のプロバイダによっては無料のオプションとしてウイルスソフトを使えるところもあります。

無料でウイルスソフトが使えるのは1,2年くらいとなっていて、パソコンやスマホを安全に光回線に接続できる無料レンタルに対応しているプロバイダを選びましょう。

ポイント5 回線のスピードと安定度

ドコモ光のダウンロードの理論値は1Gbpsとなっていますが、プロバイダの選び方を間違えると半減してしまうこともあります。

インターネット環境というのは、各地域に設置された基地局によって成り立っています。

さらに、基地局に対する利用者が多ければ多いほど混雑するので、通信速度がどうしても遅くなってしまう可能性があります。

混雑を回避する方法としては、v6プラスの接続方式をとっているプロバイダを使えばいいでしょう。

v6プラスという接続なら混雑を生み出しにくくなるので、回線が不安定になったりということも解消されるでしょう。

以上、ドコモ光のプロバイダを選ぶコツを解説してきましたが、これらすべてを満たしているのが「GMOとくとくBB」なので、当サイト一番おすすめです!

最強に得するプロバイダはこれしかない

どのプロバイダが本当のところ一番お得なのかを比較するために一覧にしてみました。

v6プラスというのはプロバイダの接続方法のことで、最新の仕組みとなっています。

自分が使っているエリア内で同時に接続する人が一時的にでも増えてしまうと回線が遅くなってしまいますが、そういったことを回避できるようなメカニズムとなっています。

v6プラスの接続方式を採用しているプロバイダで、回線が遅くなったという口コミを見かけたことがないくらいの信頼感があるので、v6プラスタイプのプロバイダがとにかくおすすめです。

GMOとくとくBB キャッシュバック:20,000円 タイプA:◯ 無料ルーターレンタル:◯ 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

@nifty 20,000円 キャッシュバック:20,000円 タイプA:◯ 無料ルーターレンタル:◯ 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

ぷらら 15,000円 キャッシュバック:15,000円 タイプA:◯ 無料ルーターレンタル:◯ 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

OCN 20,000円 キャッシュバック:20,000円 タイプA:× 無料ルーターレンタル:× 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

DTI キャッシュバック:なし タイプA:◯ 無料ルーターレンタル:◯ 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

BIGLOBE キャッシュバック:なし タイプA:◯ 無料ルーターレンタル:◯ 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

上の一覧表にあるように、GMOとくとくBBなどは2万円もの最高額の現金バックをしていて、他の面から見ても文句なしのスペックを誇っています。

なんとGMOとくとくBBは2万円の業界最高峰のキャッシュバックをやっているだけではなくて、無料でルーター端末をもらうこともできます。

GMOとくとくBBで無料でもらえる端末のクオリティーは高いものばかりなので、最高速度が速いものばかりのラインナップとなっています。

どれくらい高速なのかを表すために、GMOとくとくBB以外の端末と比較してみたのが下記の一覧表になります。

GMOとくとくBB WSR-2533DHP3(BUFFALO) 小売価格:約9000円 1733Mbps 800Mbps

ぷらら WN-AX1167GR2(IODATA) 小売価格:約5000円 867Mbps 300Mbps

@nifty WRC-1167GST2H(ELECOM) 小売価格:約7000円 867Mbps 300Mbps

上記の一覧表を見てみると、GMOとくとくBBでもらえる端末が他の端末を引き離していますね。

ルーターの端末はすべて5Ghzと2.4Ghzを使用することができますが、それぞれで最高通信速度が変わってきます。

v6プラスの光回線が使えるので、Wi-Fiルーターはできる限り早く、高価なものを手に入れることをおすすめしています。

最高速度を誇る端末を無料でレンタルできるので、GMOとくとくBBは他のプロバイダよりも圧倒的に優秀だといえるでしょう。

キャッシュバック総額やキャンペーンやオプションなども優れていますが、端末などのユーザビリティーでも優れている「GMOとくとくBB」はとにかくおすすめのプロバイダです!

ドコモ光のプロバイダ選びなら「GMOとくとくBB」がナンバーワン!

GMOとくとくBBは東証一部上場企業のGMOが運営しているプロバイダで、ドコモ光を検討している人には一番おすすめのプロバイダです。

GMOとくとくBBはオプション条件なしで2万円ものキャッシュバックがもらえて、この金額はドコモ光のプロバイダの中では最高峰となっています。さらに次のようなボーナスももらえます。

1,dポイント最大2,000pt

2,Wi-Fiルーター無料レンタル(v6プラス対応)

3,ドコモ光専用無料訪問サポート(1回)

4,セキュリティ1年間無料(マカフィー)

上のような特典がたくさん付いているので、光インターネットを快適に使えると思います。

ドコモ光を公式サイトから契約すると、ドコモのポイントが1万ポイントもらえるだけですが、GMOとくとくBBを経由して申し込むことにより2万円もの現金がすぐにもらえます。

たとえばですが、契約期間が2年間だったとして、キャッシュバック金額を2年間の総額から引くと、1ヶ月あたりの実質的な月額はかなり安くなると思います。

たとえば、ドコモ光の何の特典もないところから契約した場合は実質的な月額が4300円くらいですが、GMOとくとくBBのキャッシュバックで差し引いたら3800円くらいと、かなり安くなります。

GMOとくとくBBなら実質月額料金がかなり安いというメリットがありますが、さらにいいところは通信速度がハイスピードで安定しているというところではないでしょうか。

GMOとくとくBBなら、通信速度が快適に使えるv6プラスにも対応していて、高速通信ができるルーター端末をレンタルできるので、ナンバーワンにおすすめのプロバイダになります。

GMOとくとくBBの場合は、通信速度が速いという口コミが多くて、100Mbpsを下回ったら100円相当のポイントをもらえるというサービスも実施しています。

プロバイダを変更するときの注意点とは?

ドコモ光を現在使用中のお客さんであれば、プロバイダの変更について検討している人も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。

ここからは、ドコモ光のプロバイダ変更の際の注意点やステップなどについて順を追って解説していきたいと思います。

プロバイダを解約するときの金額

ドコモ光でプロバイダを変更する時は、基本的に以下のような料金が発生するようになっています。

プロバイダの解約料金はもちろんですが、ドコモ自体にもプロバイダ変更の手数料を支払う必要があります。

なお、単独タイプからタイプAまたはBへの変更は事務手数料がかかりません。

プロバイダの基本的なサービスの解約はドコモ光が代わりにやってくれます。

ドコモ光がメインの変更は代わりに代行してくれますが、オプションの解約は自分自身で行う必要があります。

カスタマーセンターに連絡して変更する

プロバイダの基本的なことであれば、次のような手順を使えばプロバイダを変更することができます。

ドコモ光のプロバイダを変更する方法というのは、カスタマーセンターへ連絡するだけです。

しかし一つありまして、それはプロバイダを契約するときにオプションに加入している人は自分から連絡する必要があります。

プロバイダへの追加の連絡が必要かどうかは、ドコモ光に連絡するときに確認しましょう。

プロバイダ変更によるメリットについて

プロバイダ自体の変更はすぐにできてしまうので、満足いかなければどんどん乗り換えていってもいいのではないでしょうか。

プロバイダの乗り換えを検討している人のほとんどが、回線が遅いとか安定しないとかそういう理由があると思います。

こういう回線速度の不安定性に不満足感をもっているお客様はGMOとくとくBBなどのようにv6プラスの接続技術をもっているプロバイダに乗り換えましょう。

公式のキャンペーンとプロバイダのキャンペーンがある

ドコモ光では、プロバイダのキャンペーンとさらに、以下のような公式キャンペーンを適用することができます。

ドコモ光が公式にやっているキャンペーンというのは、工事費無料とセット割りになっています。

ドコモスマホ利用なら割引できる

ドコモ光セット割りというのは、ドコモの携帯電話を契約している利用者が、ドコモ光を導入した場合に、月額料金から回線の数x1100円の割引をしているという太っ腹なキャンペーンとなっています。

たとえばですが、家族3人が全員ドコモの携帯を持っていたら以下のような割引になります。

戸建てプラン 月額料金:5,720円 割引額:3,300円 割引後の月額料金:2,420円

マンションプラン 月額料金:4,400円 割引額:3,300円 割引後の月額料金:1,100円

これらのように、家族全員でドコモの携帯を契約している人は、ドコモ光セット割りを使えばめちゃくちゃお得になるんです!

ドコモ光の工事費が無料になる

ドコモ光セット割りにくわえて、工事費無料キャンペーンというものもあります。

ドコモ光の工事費、戸建ての場合は19800円、マンションの場合は16500円が無料になります。

以上のようなことから、ドコモ光1ギガを新規に契約して、申し込みから7ヶ月以内に利用開始をすると、本来であったら2万円くらいかかる工事費が無料になります。

しかし、NTTの回線を現在使用している人の場合だったら、キャンペーンを利用しなくても無料になります。

ドコモ光に関する疑問点

上記まで、ドコモ光の回線のメカニズムやどうやったらお得なプロバイダを選び抜くことができるのかについて、いろいろと解説してきましたが、最後にドコモ光やプロバイダについてよくある質問をまとめてみました。

ドコモ光でゲームに適したプロバイダはありますか?

ドコモ光でプレステやスイッチなどのゲーム機を快適に使いたいときは、混雑が起こりにくい快適性が抜群なv6プラスを使っているプロバイダを選びましょう。

ドコモ光の中でも数あるプロバイダでGMOとくとくBBは高機能なWi-Fiルーターを無料で貸し出していてとても評判がいいプロバイダとなっております。

v6プラスならアクセスが集中する夕方から夜の時間帯でも混雑しにくく、快適な光ファイバー生活を楽しむことができるでしょう。

回線を移転するときはプロバイダへも連絡が必要?

ドコモ光のサービスを引っ越す場合には、プロバイダに特別に連絡を入れる必要性はなくて、ドコモ自体のお客様サポートセンターから手続きを完了させることができます。

ちなみに、ドコモ光の公式サイトから移転の手続きをすることによって、ドコモのポイントがもらえるのでお得になります。

移転先においては回線工事が必要なパターンもあるので、最低でも2週間以上前からは手続きを済ませておきましょう。

ドコモ光でテレビを見ることはできますか?

ドコモ光のテレビオプションなら、アンテナがいらずに地デジやBS放送を閲覧することができるほか、4Kや8K放送にも対応しています。

ドコモ光の月額料金にくわえて、毎月825円がかかるほか、オプションでスカパーや有料チャンネルを見ることもできます。

一般的な光電話をドコモ光に移し替えるには

転用の手続きは必要で、転用したときはこれまでに使ってきた電話番号は引き継ぎという形になります。

また他にも、ドコモ光と光電話を同時に契約したときには、工事費用は無料になります。

契約後にプロバイダだけの変更はできますか?

ドコモ光を契約したあとでも、プロバイダだけの変更はできます。カスタマーセンターから変更しましょう。

変更はできますが、プロバイダの変更手数料として3300円かかりますし、プロバイダを変えることによってドコモ光の基本料金自体もかわってきます。

自宅に光ファイバーが引き込んである場合

作業員の工事がなくて、ドコモ光に申しこんで、ドコモ光を開通させるためには、以下のような理由があります。

フレッツやソフトバンクなどからドコモ光へ引っ越しをするときは、光回線がすでに自宅に導入されているので、工事をする必要がそもそもありません。

こういったパターンの場合には、既存の光ファイバーを活用して、すぐにでもドコモ光を開通させることが可能です。

ですが、派遣なしの工事のパターンでも、手数料として約2000円が必要になります。